南海トラフ沿い上昇、関東で80%超も

 

政府の地震調査委員会は10日、今後予想される地震の揺れの強さや確率をまとめた2016年版「全国地震動予測地図」を公表しました。

 

海溝型地震と、陸地・沿岸の浅い所で起きる活断層型地震を想定。南海トラフ地震の発生が近づいているとされており、今後30年以内に震度6弱以上の揺れが起きる確率は、東海から四国の太平洋側で引き続き上昇しました。

 

海溝型と活断層型地震を総合すると、都道府県庁所在市の市役所の地点では千葉が全国最高の85%で、水戸と横浜が81%と、関東で高い所が多く、東京都庁は47%。

南海トラフ沿いでは高知73%、徳島71%、静岡68%、津62%などが高い予測となりました。

 

※引用元「YOMIURI ONLIFE」

2016年06月13日