函館で最大震度6弱を記録する地震が発生

 

6月16日午後2時21分、北海道・内浦湾を震源とする地震が発生し、函館市川汲町(かっくみちょう)で震度6弱を観測しました。

気象庁によると、北海道で震度6弱以上を観測したのは2003年9月の十勝沖地震の余震以来。

地震の深さは11キロ、マグニチュードは5.3。

明日にかけては大雨にも注意する必要があります。

 

気象庁によると、函館地域では1978~80年の約2年の間にマグニチュード3以上が計44回発生するなど地震が一定期間に集中的に発生したことがあり、今回も地震が続く可能性があるという。

4月の熊本地震など、日本全国、大きな地震が発生する恐れがあり、全国どこでも注意・警戒し災害に備える必要があります。

 

※引用元「YAHOO!ニュース」

2016年06月16日