民泊EXPOプレミアム2016

 民泊業界の現状を理解するため、東京ビッグサイトにて開催された「民泊EXPOプレミアム2016」に参加してきました。

「民泊」という文字から、「一般の民家の空き部屋を、個人旅行者に貸す」イメージがありますが、一軒家を団体旅行客に貸し出している方もいれば、部屋の清掃~予約まで全ての業務を代行で担う企業もあり、業界全体の2015年の売り上げは130億円で、規模も内容も想像以上でした。

 

引用元:TOMARUYO

 

 何人かの民泊事業者様にお聞きしたところ、訪日外国人の増加に伴い民泊市場全体は伸びているが、新規参入者も劇的に増加しているため、価格競争が発生し、2年ほど前に比べると売り上げが減少傾向にあるとのことです。

また、未だに民泊の法整備が不完全なため、旅館業の「簡易宿泊所」としての運営を勧める企業もいらっしゃいました。

三大都市圏で民泊事業をされる方は、価格以外での差別化が必須だと思われます。

 

※引用元:ファミリアリンク

 

弊社では、これから民泊事業を開始される、大阪府の「エルモンテ緑橋」様への防災用品レンタルサービスの提供が決まっております。

民泊業界全体の動向をしっかり理解し、適切な災害対策を提供できるように更に尽力いたします。

 

  • はてなブックマークに追加

 

 

 

 

2016年10月18日