津波対策+

先日、東日本大震災発生時、市域の86%にも及ぶ範囲で液状化現象が発生し、土砂の噴出や地盤沈下が起きた千葉県浦安市に行ってまいりました。

 

※引用元:浦安震災アーカイブ

 

テレビやYoutubeで、飛び出したマンホールや裂ける道路を見たことはありましたが、実際に伺うと、未だに壊れたままの部分もあり、当時の状況を少し肌で感じることができました。

 

※壊れたままのブロック

 

※液状化により生じた高低差を処置したと思われる道路と歩道の境目


上記の通り、湾岸部などの埋立地は津波に加え、液状化のリスクも高いです。

マンホールが飛び出す規模の液状化現象が起きれば、車で移動することは不可能になり、津波が迫ってきていても、ガタガタで水が溢れ出す道を自力で避難するしかありません。

「平時」の条件で、災害に備えていては対応できません。

また、ご自宅の液状化対策ができていても、ガスや上下水道などのインフラが液状化被害で機能不全に陥ると不便な生活を余儀なくされることを忘れてはなりません。

 

住む場所は利便性や趣味嗜好だけでなく、災害リスクも考慮しなければなりません。

お住まいの津波リスクだけでなく、液状化リスクも今すぐ確認しましょう。

 

The other day, I went to Urayasu, Chiba Prefecture, which liquefaction phenomenon has occurred and to together ejection of sediment occurs in the range that extends to 86% when the Great East Japan Earthquake occurred.

I have seen a manhole and tear the road ran out on TV or Youtube.
There is also a road that remains broken and I went to the local, I thought that liquefaction has not been solved yet.

Reclaimed land in the Gulf part is also high risk of liquefaction in addition to the tsunami risk.

It is impossible to move by the car when the liquefaction phenomenon, such as manhole pops out occurs.

Even if the looming tsunami, there is a need to evacuate the broken road on their own.

It can not respond equipped to disaster under the conditions of "normal times."

Even if it is your home liquefaction measures, it will spend the inconvenient life and such as gas and water supply is dysfunctional in the liquefaction damage.

Place to live must also be taken into account disaster risk not only the convenience and likes and taste .

Not only the tsunami risk you live, let's also studied right now liquefaction risk.

 

  • はてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

2016年10月20日