津波が来たらすぐ避難

 昨日、午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とする震度5弱の地震があり、同8時3分に仙台港で1メートル40センチなど、岩手県から東京・八丈島にわたる広い範囲で津波が襲来しました。

日頃、推奨している「YAHOO防災速報」アプリの速報アラームで飛びおきた直後、酔いそうな長い揺れがやってきました。

神奈川県に住んでいるのですが、津波の危険性がある地域のため、すぐに着替え靴をはき、NHK、twitter、Facebook等から、正確な情報を収集し、危険な地域な住んでいる方々のために避難を呼びかけました。

 

 全てが解決したわけではございませんが、大規模な被害がなくて本当に良かったです。

内閣府が発表している高さ1mの津波に襲われた際の致死率は100%です。

津波警報がでたら、迷わず安全が確保できる高い所へ避難して下さい。

また常日頃から、安全な避難場所を確認しておきましょう。

 

※津波の体験動画

 

 そして昨日午後、「日本減災対策」の江夏さんとお会いして参りました。

自然環境も人口もインフラも、絶え間なく変化し続けているので、避難訓練や防災対策も、今に対応できるものに変化し続ける必要があると言っておられました。

まさにその通りだと思います。

 

 今後、「日本減災対策」様と弊社の共同で、避難訓練などの防災活動を九州方面より始動致します。

詳細が決まり次第、改めてご連絡致しますので、ぜひご参加ください。

  • はてなブックマークに追加

 

 

 

2016年11月23日