プリウスに乗るのにはわけがある

本当に役立つ防災情報の第5回・低燃費だけじゃない!

【プリウスに乗るのにはわけがある】をお届けいたします。

※弊社、社用車のトヨタ・プリウスαです。

 

「災害時に役立つクルマ」といえば、皆さんは、どんなクルマを思い浮かべるでしょう?

『三菱アウトランダー』、『スズキ・ジムニー』、『トヨタ・ランドクルーザー』?

 

弊社がおススメするのは、「トヨタ・プリウス」です。

 

【プリウスを選ぶ理由】

①低燃費である

冒頭に「低燃費だけじゃない!」とデカデカと書きましたが、これは外せません。

なぜなら、災害時はガソリンスタンドから、数時間でガソリンがなくなってしまうからです。

私たちが日々利用している、ガソリンスタンドやコンビニに、いつもガソリンや商品が満たされているのは、流通網が正常に稼働しているからです。

5年前の東日本大震災では、製油所や出荷施設に甚大な被害が及んだり、ガソリンの買いだめ騒動が起こり、深刻なガソリン不足が発生しました。

地域にも左右されますが、地震発生後は少量のガソリンを給油するために、何時間も行列に並ぶことにもなりうります。

 

そんな時、ガソリン1リッターで『約20km』も走行できるプリウスは、最高のパフォーマンスを発揮します。

ちなみに弊社は、常にガソリンを満タンに保つべく、非常にコマめな給油を徹底しております。

 

 

②充電器になる

スマートホンの普及率が約70%の昨今、普通のコンセントより、USBポートが必要な方は多いと思われます。

プリウスにはUSBポートがあり、またシガーソケットにUSB充電器を増設することも可能です。

シガーソケットは車体後部にもございます。

装備次第で、プリウス一台でご家族全員分のスマートホンの充電が可能になります。

 

もし停電が発生しても、プリウスで充電すれば、通信を確保できます。

 

 

③ラゲッジスペースが広い!

写真のとおり、シートをフラットにすれば、身長175cmの私でも足を伸ばして横になることが可能で、車中泊で起こりうる、エコノミークラス症候群を軽減することが可能です。

床下収納を利用すれば、かなりの量の荷物を入れることもできます。

 

写真のように、平時から防災備品を収納しておけば、なお良いと思われます。

また弊社では現在、車載用に最適化した防災備品セットを選定しております。

 

【総括】

上記の3点から「災害時に役立つクルマ」として、「トヨタ・プリウス」を推奨させて頂きました。

ランドクルーザー等のSUV車に比べると、悪路に弱いなどの短所はございますが、日々使用することも考慮すれば、燃費等の観点からもプリウスのほうが役立つとの判断にいたりました。

 

とはいえ、日進月歩で技術革新が進む自動車業界ですので、常に「災害時に役立つクルマ」を調査し、より良いクルマが見つかった際には、すぐにお伝えしようと思います!

 

  • はてなブックマークに追加

※注:「燃費・USBポート・シガーソケット・ラゲッジスペース・床下収納」等の性能や形状等は、プリウスの年式・型式・車種によって異なります。

※注:スマートフォン等の通信環境は状況により異なります。

※注:写真の、オレンジ色のケーブルで充電しているのは、弊社所有のソーラーチャージャーでございます。

2016年07月16日